経営理念・グループビジョン

当社は最高の品質とサービスでより多くの顧客に満足を与え、適正な利潤を確保することにより、 株主及び従業員に報い、かつ社会に奉仕することを経営の基本理念とする。

【イチネングループの企業倫理規範】

イチネングループが様々な企業活動を行っていく上で、会社及び役員・従業員が遵守すべき規範を定めたものです。
役員及び従業員はこれを実践し、取引先をはじめイチネングループ全体への浸透に注力します。
第1条 法令その他社会的規範を遵守し、公正で健全な企業活動を行う。
第2条 優れた商品・サービスを、安全性に十分配慮して提供し、社会に貢献する。
第3条 従業員の人格・個性を尊重し、ゆとりのある豊かな職場環境を実現する。
第4条 ステークホルダー(利害関係人)の立場を尊重する。
第5条 社会に貢献する良き「企業市民」たることを目指す。
第6条 地球環境の保全に注力し、住み良い社会環境作りに貢献する。
第7条 反社会的勢力及び団体には毅然とした対応を行なう。


【イチネングループの企業行動基準】

1-1 法令の遵守
イチネングループは、法令や社会的規範・良識に基づいた企業活動を行います。法令違反行為は会社存亡の危機につながることを、役員・従業員一人一人が十分認識し、かかる行為は絶対に行ってはなりません。

2-1 優れた商品・サービスの提供と安全性
言うまでもなく、イチネングループが提供する商品やサービスの価値が社会から求められているものであることが、グループ全体の経済的な存立の基盤であります。この基盤を堅固なものとする為、社会ニーズにあった商品・サービス開発に努め、新たな価値を創造して行きます。
また、優れた商品やサービスであるためには、それらが安全であり、生命、身体や財産に対して害を及ぼさないことが当然の前提となります。イチネングループは、この前提を満足させるため、最大限の努力を惜しみません。

①顧客ニーズの的確な把握
役員・従業員一人一人が常に市場の声に耳を傾け、顧客のニーズに敏感に反応することが重要です。役員・従業員全員でこの顧客ニーズの的確で迅速な把握に努めましょう。
②アフターサービス、ユーザーサポートの充実
顧客に満足していただくためにも、安定した受注を獲得するためにも、また新たな商品開発につなげるためにも、アフターサービス、ユーザーサポートを充実させましょう。
③商品・サービスの安全性
商品・サービスの欠陥により、利用者や顧客に被害・損害を生じることがあってはなりません。安全性を確保するため、商品・サービスの企画・開発段階から販売や納入に至るまで、安全性に配慮することが必要です。取り扱う商品・サービスについて法令やガイドラインが設けられている場合にはそれらを厳しく遵守しなければなりません。
④被害拡大の防止
不幸にして、商品・サービスに欠陥が発見された場合は、被害の拡大を防止するための迅速な措置をとらなければなりません。販売先やユーザーへ情報を速やかに伝え、必要に応じて商品のリコール等の措置をとらなければなりません。被害の拡大を防止することが課せられた責任であり、この責任を全うすることが極めて重要であることを認識しなければなりません。
⑤再発防止
商品に欠陥が生じた原因を究明し、これを除去しなければ過ちが繰り返されることになります。原因究明とその記録が適切に蓄積され利用されることで、その後の同じトラブルが防止されることになります。各部門の責任者は、こうした情報が迅速に利用できる体制の整備に努めましょう。

3-1 従業員の人格・個性の尊重
イチネングループは、従業員一人一人の人格や個性を尊重しつつ、豊かさと達成感が実感できるような人事制度や労働条件の維持向上に努めます。また、成果・業績主義に基づく客観的で公正な人事評価を行うとともに、専門性と創造性に富む個性豊かな人材を養成します。

3-2 プライバシーの尊重
従業員一人一人のプライバシーを尊重し、個人の情報を扱うに当っては、慎重かつ細心の注意を払い、その適正な管理に努めます。

3-3 人権の尊重とあらゆる差別的取り扱いの禁止
人種、信条、肌の色、性、宗教、国籍、身体的特徴、出身地等の理由で嫌がらせや差別を受けない健全な職場環境を確保します。特に、近時社会問題化している性的嫌がらせ(セクシャルハラスメント)については、絶対容認しません。問題発生時には、迅速に調査し、被害者の救済と再発防止に向けた断固たる処置をとります。

4-1 ステークホルダー(利害関係人)の立場の尊重
顧客、取引先、従業員、株主等を含む幅広い社会との健全で良好な関係維持に努めます。
企業秘密や契約上守秘義務を負っている情報を除き、社会が真に必要としている情報をタイムリーに適切な方法で開示することで、常に社会とのコミュニケーションを行い、公正で透明性の高い企業であることを保ちます。特に、財務報告に関しては、その信頼性を確保するために内部統制の整備と充実を図ります。
社会が真に必要としている情報とは、単に法制上開示が必要とされる情報だけではありません。顧客、取引先、従業員、株主、投資家、地域社会等がそれぞれの立場でイチネングループに関わる者として必要とする情報全般を主体的に発信していきます。

情報開示の要請に対しては、

①正当な理由のない限り断らない
②事実に反することは決して言わない
③言えないことは、はっきり言えないという
④相手によって対応を変えたり、開示する内容を使い分けないという考え方で対処しましょう。

5-1 社会に貢献する良き「企業市民」
社会の一員としての社会に役立つ企業活動を行う、という基本認識の下で、イチネングループは、自己と社会の双方の利益を調和させつつ企業活動を行い、社会と共に歩む良き「企業市民」としての役割を果たしていきます。

6-1 地球環境の保全
イチネングループは、事業活動に必要な資源・エネルギーを含め、この地球から様々な恩恵を受けており、地球環境をより良い状態に保全することが自らの義務であるとの自覚をもつとともに、この取り組みが重要な経営課題の一つであると位置付けています。従って、環境関連の法令を遵守するのはもちろんのこと、事業活動や提供する商品・サービスが地球全体の環境にできる限り負荷を与えないよう最大限の努力をします。 認証取得したISO14001 に基づき、全社一丸となって、事業所やオフィスでの省エネ、廃棄物の削減及びリサイクルの徹底、環境配慮型商品 の開発・ 拡販 を積極的に推進し、地球環境保全活動を継続・強化していきます。

7-1 反社会的勢力との絶縁
イチネングループは、社会的秩序や企業の活動、安全に脅威を与えるあらゆる個人・団体とは一切関わりません。特に、経営に携わる者はこのような勢力を恐れることなく、率先して襟を正した行動をとります。 また、反社会的勢力が、様々なきっかけを作って関わってきたり、脅しをかけて不法な金銭的利益を得ようとする行為のような民事介入暴力に対しては、「恐れない」「金を出さない」「利用しない」を原則として、イチネングループ全体が組織的に対応していきます。また、最大限、警察や法律家の支援を得て対応していきます。



ページトップへ

事業案内

  • トップメッセージ
  • 経営理念
  • グループビジョン
  • コーポレートガバナンス
  • 広告ギャラリー
  • イチネンホールヒングの沿革
  • 会社概要
  • 役員一覧
  • グループ会社
  • 交通アクセス